例会

2018年の例会

第4回例会

ラジオの今、そして未来
~成長し続ける音声ビジネス~

登壇者
亀渕 昭信さん

ラジオパーソナリティー 元ニッポン放送代表取締役社長

日時2019年2月22日(金)19:00~20:30 (受付開始 18:45~ 終了予定時刻20:30)
申込2019年2月20日(水)12:00締切 こちらよりお申し込みください。
会場NHK放送センター 東館7階745C会議室
住所東京都渋谷区神南2-2-1 ※放送センター内に入るためには、入館登録が必要です。お申込みいただければ手続きをいたします。

企画主旨

日本初のラジオ放送は1925年(大正14年)のこと。鉱石ラジオ、トランジスタラジオを経て、近年はインターネットラジオが誕生しています。パソコンやスマホで聴くことができるばかりでなく、タイムフリー聴取に対応するなど、ラジオを巡る環境は激変。受信機を知らない若者世代を獲得し、リスナーの減少に歯止めをかけられるとの期待が寄せられています。
そこで、常にラジオと共に歩んでこられた亀渕昭信さんに「ラジオの今、そして未来」についてお話を伺いたいと思います。メディアは変わっても変わらないものは何なのか?なかなか聴くことのできない業界秘話もおりまぜSJならではのとっておき情報をお届けします。

日本女性放送者懇談会2018年度会長 篠原 朋子
コーディネーター 塙 汐理

かめぶち・あきのぶ
ラジオパーソナリティー 元ニッポン放送代表取締役社長
1942年北海道札幌生まれ。1964年3月、ニッポン放送入社。番組制作および深夜放送「オールナイトニッポン」パーソナリティを担当。99年から6年間、同社代表取締役社長を務める。08年退任。09年春よりNHKラジオはじめ民放局でラジオパーソナリティーとして活躍。現在は地方民間放送共同制作協議会(火曜会)制作「亀渕昭信のお宝ポップス」が全国33のローカルラジオ局で放送中。
著書に深夜放送時代のエピソードを描いた「35年目のリクエスト」(白泉社)。料理研究家土井善晴氏との共著「いくつになっても始められる男の料理入門塾」(学研)。自分が体験したポピュラー音楽史を書いた「亀渕昭信のロックンロール伝」(ヤマハ・ミュージック)、サラリーマン指南書「サラリーマンの力」(集英社インターナショナル)がある。